住宅ローン滞納から任意売却へ

住宅ローン滞納による任意売却を札幌でお考えでしたら北洋地所へ

こんな不景気な時代いつまで続くのでしょう。もう10年以上給料も上がらなければ、ボーナス上がりません。イヤ、ボーナスなどは下がる一方なのです。そんなことから、夫婦共働きをしながらやっとの生活を送っています。

子供もだんだん大きくなり、生活費は増える一方なのです。そんな生活も、今年で終わりそうです。冬のボーナスがなくなり、住宅ローンが払えなくなってしまったのです。会社の調子も悪く、来年以降も見通しが立たないのです。

住宅ローン

そんなことから住宅ローン滞納と言うことになってしましました。せっかく購入した家ですが、給料が上がる、ボーナスも上がると思って購入した私が間違っていたのです。

残念ですが、もう一度いちからやり直しと考えています。滞納はまだ3カ月ですが、諦めたのです。そこで住宅は任意売却と言うことになりました。

この任意売却の意味は、住宅ローンの滞納しまったことで競売の対象となる不動産を競売開札までの間に、住宅ローン借主の希望の元に行なう不動産売却活動のことを言うのです。

 

住宅ローン滞納をしないためにがんばる

バブル頃の銀行は、土地を買わないか、家を買わないか、お金ならいくらでも貸すから、と多くの人に言ってきたものでした。

しかし、バブルがはじけて、景気が後退、低迷が続き、住宅ローンが払えなくなり、家が銀行の管理下に入り、それらの物件の多くが土地の大幅な下落により、不良債権として銀行の経営を圧迫。

それが未だ、日本が不況から脱出できない大きな要因の一つと言われています。

今の銀行はバブル期とうって変わって、融資の審査が厳しくなり、無理な返済計画で住宅ローンを組むことはなくなりましたが、リストラなどで、住宅ローン滞納となり、家を手放す人がいます。

そうならないために、せめて半年の生活費と、ローン返済ができるだけの貯蓄をして余裕のあるローンを組むべきです。

逆算していくと、家はそれだけ小さくなりますが、ローン滞納により、家が差し押さえになるほど残念なことはありません。

またいつか、景気が回復し、以前ほどでなくても、いい時代が来ると思います。

その時に大きな家に住めるように、絶対に、住宅ローン滞納をしないように、頑張るべきです。